ゆきろぐ

AndroidとかLifelogとか

AzureでWordPress

      2015/03/04

Cloud-Azure

Microsoft Azureって使ってます?
名前の通り、Microsoft社が提供しているクラウドサービスです。

http://azure.microsoft.com/ja-jp/

このブログはAzure上に構築されているのですがサービスを限定させると無料で利用できるんです。
初回はそんなAzure上のWordpress構築方法を紹介します。

 

 

Azureって?

Azureは冒頭で出した通り、Microsoft社提供のクラウドサービスです。

一概にクラウドっていってもいろいろあるんですがイメージしやすい所でこんなサービスがあります。

VirtualMachine

1OS単位で借り出せるサービス。

自由に使っていいWindows環境をポーンと貸して貰えます。

各国にあるデータセンター上に自由に利用可能な環境を5〜10分で構築出来る。

借りだした環境はリモートデスクトップで接続して自由にサービス起動/停止したりアプリ導入したりできる。

これを使うとアメリカのデータセンター/IPで自由に使える環境なんかもすぐ作れる。

Storage

データを保存する領域を借りるサービス。

データは自動で複製を作成されて安心。

Web

今回このブログが利用してるのはコレ。

Webサーバーとして利用できる環境をポーンと貸して貰えます。

PHP,JAVAなんか自由に設定できて利用出来ます。

WordPressなんかは初期で導入済みのプランなんかもあって5分で構築完了です。

本格的な、超々アクセスや特定タイミングのみのアクセスにも耐えられるスケール設定も出来る。

 

AzureでWeb公開

そんなAzureの1サービスのWebですが、これを使うと簡単にWordpress環境が作れます。

Microsoft アカウント

まず利用にはMicrosoftアカウントが必要です。

昔からインターネットやっているような人なら一つは持っているんじゃないかな?

@hotmail.com

@outlook.com

とかこんなヤツです。

http://www.microsoft.com/ja-jp/msaccount/default.aspxで取得出来ます。

Azure利用開始

Microsoftアカウントが取れたらAzureの利用登録です。

http://azure.microsoft.com/ja-jp/で登録出来ます。

最初は無料評価版があり、最初一ヶ月は2万500円分のクーポンがついてくるので

クラウドの世界をいろいろ体験してみてはいかがでしょう。

ただし、Azureの登録には以後に利用請求する関係からクレジットカード登録が必要になります。

企業利用では請求書による請求なんかも出来るはずです。たしか。

ポータルログイン

Azureの利用登録が終わったら後はログインするだけ。

利用登録サイトの上にポータルへのリンクがあります。

辿るのが面倒な場合は以下URLで直行です。

https://manage.windowsazure.com/

以上でAzureを利用する環境が整いました。

初回一ヶ月2万500円使い放題です。

Windows Server Technical Preview(Windows10のサーバー版的なの)も使えるので新しいOS体験なんかもいいかも。

 

AzureでWordpress

Azureが利用できるようになった事でWebも構築可能となりました。

さっそくAzure WebサービスでWordpressを構築してみましょう。

ポータルログインするとこんな画面に進みます。

 ポータル基本画面

この画面でAzureのいろんなサービスが管理出来ます。

スクリーンショット 2014-11-09 22.02.23

■1.赤枠の「WEBSITES」を選択

■2.「新規」を選択

 

2014110902

■3.「ギャラリー」を選択


2014110903

■4.ギャラリーから「Wordpress日本語版パッケージ」を選択し→へ

 

■5.URLを指定する。

このURLがサイトのURLになります。ただしドメインは固定の「azurewebsite.net」となります。

 

■6.データベースは「新たしい〜〜」を選択

■7.WebscallGroupは東日本を選択

 

■8.MySQLの場所も東日本か西日本あたりを選んで条項をチェックし→へ

以上でサイト並びWordpressの準備が完了です。

あとはAzureが勝手に構築してくれます、だいたい日本リージョンなら5分もかからず構築完了。

構築が終わったら先ほど指定したURLにアクセスすればようこそWordpressです。

無料で出来る事・出来ないこと

さて、ここまででAzure上にWordpress環境が構築できたわけですが

もちろん、無料だと出来る範囲出来ない範囲があります。

以下MicrosoftAzureのWebサービス課金より抜粋

最新情報はこちらへ

http://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/websites/

見てわかる通り、無料というだけあってぼちぼち制限が厳しいです。

ストレージ1GB

保存出来るデータ量です。

画像大量にあげるサイトなら気になるかもしれないけど

他のストレージサービスと併用すれば案外平気?

通信データ転送

これが一番厳しいかも、参照されるデータが165MB超えたらダメ(多分)

人気サイトになったらすぐ到達しちゃいそう。

カスタムドメイン

カスタムドメイン禁止です。(azurewebsites.net限定)

自分お気に入りのドメインを付けたい人なんかには困るかも

 

以上の条件を乗り越えられる人は無料でWordpress環境が構築出来ます。

その他検証環境の構築なんかにはぴったり。おすすめです。

 

結び

そんな感じでAzure上にWordpress構築するだけならそれこそすぐ、10分20分です。

WordPressに興味があったりテスト用環境がほしい人なんか如何でしょう。

 - Windows , ,

  関連記事

MacBookは売り回せる

MacBook使い始めてしばらく経ちました。 相変わらず綺麗な液晶と癖のあるキー …

Nexus5x開封!番外編 もっててよかった新型Macbook

さて、Nexus5x開封編も1ヶ月を経てようやく書き上げたトコロですが、一見関係 …

Surface pro 3 でブログ書き

ブログ開設してからmoto360系の記事ばかり書いていたのでちょっと休憩。 今回 …

Windows、Surface3発表!サイズ/重量ダウンで499ドルから

  Surfaceブログにて、Surface3の発表が行われました。 …

今更Macbook2015をBootcamp

先日ひょんな事から、Windows8.1のライセンスを一本入手致しました。 これ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。